FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

⑥法定相続人全員の住民票

 この住民票は、登記記録に住所と名前を記載するためのものですので、実際に相続する者だけの住民票が必要になります。

 ですから、法定相続の場合には、法定相続人全員の住民票が必要になりますし、遺言や遺産分割協議等があった場合は、「実際に相続なさる方の住民票」が必要になることになります。

テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

MENU
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。