FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続手続きの一般的な必要書類

①相続の対象物件を特定する資料
  具体的には、対象が不動産の場合には、不動産全部の登記
  事項証明書
(可能であれば、共同担保目録付きのもの)。
  手元にない場合は、権利証等のコピー
  の場合には車検証。
  銀行預金なら預金通帳。
  etc…、とにかく全部です。

②固定資産税の評価証明書(一番新しい年度のもの)
 ※ 対象物件が不動産の場合に必要になります。

③亡くなった方の戸籍謄本「全部」
  (出生から死亡までの、法改正や転籍前の戸籍も全部必要です)
 ※ 遺言の場合には、「遺言書」「死亡事項の記載のある戸籍
   謄本」だけ
で大丈夫です。

④亡くなった方の除住民票・戸籍の除附票等

⑤法定相続人全員の現在戸籍謄本(抄本も可)
 ※ 遺言による相続の場合には、遺言書で指定された、「実際に相続なさる方
   の戸籍謄本」だけ
で大丈夫です。
 ※ 遺言でも、遺贈死因贈与相続ではなく、別の手続きになります。

⑥法定相続人全員の住民票
 ※ 遺言遺産分割協議等があった場合は、「実際に相続なさる方
   の住民票」だけ
で大丈夫です。

その他、専門家へ依頼する場合
 ⑦委任状
 ⑧身分証明証

テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

MENU
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。