FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰が相続するのか?

 民法上で、基本的な相続人のパターンが決まっています。

 配偶者は必ず相続人になりますが、その他の相続人は相続人となる順番が法定されています。

   ①配偶者子供(直系卑属)
        ↓ 子供(直系卑属)がいなければ
   ②配偶者直系尊属
        ↓ 直系尊属がいなければ
   ③配偶者兄弟姉妹


※ 配偶者が存在しなければ、子供だけとか、直系尊属(祖父や祖母)
  だけとか、兄弟姉妹だけとかが相続人になります。孫やひ孫、甥や
  姪
が相続人になるケースや、放棄・排除・欠格とかで相続人になれ
  ないケースも法定されていますが、話がこまかくなりますので、ここ
  では触れません。

※ その他、遺言によって、相続人の一部の人だけの相続とか、相続
  人ではない全く別の第三者への遺贈とかもあります。このような場
  合、民法は、「遺留分」という手続きで、相続分をある程度取り戻
  せるよう規定しています。
スポンサーサイト

テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

MENU
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。