FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続手続きを始める前に

 繰り返しになりますが、通常の相続手続きは、①法定相続人を特定し、その中で②誰が何をどのような割合で相続するのかを、役所や契約の相手方に対して主張・立証するということです。

となると、当たり前の話ですが、
①法定相続人がどのくらい判明しているか?
②法定相続人間で、誰がどのように相続するかで揉めていないか? 

のということがとても重要になります。

 つまり、法定相続人間で揉めているようだと、直接話をつけるか弁護士に依頼しないといけないので、話し合いが決着するまでは手続きが進められませんし、新たな法定相続人が判明した場合、やはり揉める可能性が出てくることになります。

 本来は、この辺を事前にクリアーできれば良いのですが、実際の相続手続きの進め方としては、特に揉めそうでなければ、まず戸籍謄本集めや遺産分割協議書の作成などから着手し、戸籍謄本等を集める作業の中で新たな法定相続人が判明した場合には、当事者で(あるいは弁護士に依頼して)再度対応していくことになります。
スポンサーサイト

テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

MENU
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。